第2期 鎌倉市観光基本計画 進行管理委員会 市民委員就任 


第2期 鎌倉市観光基本計画 進行管理委員会 市民委員就任 (2年間・満了)
テーマ応募作文(400字以内):「鎌倉の観光について思うこと」
 鎌倉は、世界に人気の観光地です。国内外の観光客誘致に向け、住民が主体となり、鎌倉の魅力を伝える
着地型旅行商品の造成販売システムがこれからの課題と思われます。

1)住民の参加する「観光ステージ」づくり
  地域づくりのための観光、NPO活動等により観光資源、発掘、情報等、参加することにより地域に貢献。
  
2)着地型旅行の造成販売
  着地型旅行商品の造成販売。旅行業界でのネットワーク、協働の構築。 NPO法人事業として運営資金
  捻出、持続する組織づくり。

3)集客宣伝、販売方法
  インターネットTVスタジオ設置による観光動画の制作、配信等。各国語に翻訳し「鎌倉観光専門チャンネル」
  として世界に配信、着地型旅行の集客へと繋げる。

4)地域づくりのための観光促進
  早期、定年退職者をはじめ、各業界などから、経験豊富な人材の参加により運営、観光、雇用、国際交流
  促進等、地域の活性化を図る。
平成25年11月25日
(*鎌倉市観光基本計画進行管理委員会市民委員を募集します。HP

鎌観第1273号
平成26年1月10日
第2期 鎌倉市観光基本計画 進行管理委員会
市民委員の選考結果について(通知)
  

鎌倉市観光基本計画進行管理委員会について

第2期鎌倉市観光基本計画の推進体制の中で、アクションプランの進捗状況を評価・検討する組織です。
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kankou/shinko.html